コスパ最強「ヴェリタスブロイ」は海外ビール好きが虜になるノンアルビール

ヴェリタスブロイ

「とらだって、自分のメディアが欲しいんだ。」夫婦で運営中の育児ブログ「じゆうきママ」では裏方に徹しているとら、パパープルタイガーは、この度、とらオウンドメディア「ノンアルのとら」を立ち上げました。大好きなノンアルコールビールのネタを中心に、育児中のママ・パパに役立つ情報を発信していきます。記念すべき第1回は、味もコスパもとらが一番認めるノンアルビール「ヴェリタスブロイ」について書きます。

海外産ノンアルコールビールの特徴

海外のノンアルビールは日本でも買える

最近は国産ビールを販売している飲料メーカー各社もノンアルコールビールを取り扱っていますね。「サントリーオールフリー」や「キリンパーフェクトフリー」など、ノンアルビールを飲んだことが無くても、一度は耳にしたことがある方が多いでしょう。しかしながら、国産のノンアルコールビールは知っていても、海外のノンアルビールを知らない人は多いのではないでしょうか。今回紹介する「ヴェリタスブロイ」も、国産ではなく海外のノンアルコールビールです。

ノンアルビールをつくる上での日本の酒税法上の制約

世界には色々な国があるので、海外と一言で括るとやや乱暴ですが、ノンアルコールビールに関して言えば海外の方が日本よりも進んでいるのが現状です。そこには、酒税法上の問題も関係しています。日本では、酒税法の問題から最初から「ノンアルコールビール」としてノンアルビールを作らなければなりません。一方で、ドイツやアメリカなど海外のノンアルコールビールには、そのような制約は特にありません。

本物のビールを作って、そこからアルコールを抜くのが海外流

要するに、ビールでは無い材料を混ぜて工夫してなんとか頑張ってビールの味に近づけている日本の製造方法に対して、海外のノンアルコールビールの場合は本物のビールを作って、そこからアルコールを抜いて仕上げることができるわけです。ビール以外の材料を混ぜずに、麦芽100%で作れるわけですから、よりビールの味に近いのは当然ですね。

ドイツで磨かれた製法へのこだわり

ビール純粋令に則り、余計なものは一切入れない

「ヴェリタスブロイ」はドイツで作られたノンアルコールビールです。海外の中でも、ビールの本場としても名高いドイツは特にノンアルコールビールの製造が進んでいます。ビール純粋令と呼ばれるビール法に則り、モルト・ホップ・水・酵母のみを原材料として製造されたノンアルコールビールは、味・舌触りの質感が最もビールに近いです。日本では、オーストラリア産やアメリカ産の海外ノンアルコールビールも販売されていますが、最もビールに近いのはドイツ産のノンアルコールビールでしょう。

泡立ち、時間が経ったあとの泡の残り方にも注目

そして、特に国産のノンアルビールと是非比較して欲しいのが「泡」です。

ヴェリタスブロイの泡

ヴェリタスブロイの泡

国産のノンアルビールは注いで少し時間が経つと泡がすぐに消えてしまいますが、ヴェリタスブロイの場合はまるで本物のビールのように泡立ち、そして注いでしばらくした後も泡が残っています。ビールの泡も楽しみたい派の人には、ヴェリタスブロイはとてもオススメできます。

泡が消えにくい国産ノンアルビールもある
国産のノンアルビールは泡が消えやすいと書きましたが、クリーミーな泡を謳っている「アサヒ ドライゼロ」など、ビールに近い泡を再現しているものも中にはあります。日本メーカーの製造技術も日進月歩で、日々レベルが上がっているように感じますが、現時点では「泡」に関してはドイツなど海外産のノンアルビールに軍配が上がりますね。
ドイツビールにも欠点がある
一旦発酵させた後にアルコールを抜いているため、国産ビールと比較するとやや匂いが気になるのが欠点です。味はビールに近いですが、普段ビールの匂いを楽しんでいた人にとっては、ちょっと相性が悪いかもしれません。銘柄によっても異なりますが、ヴェリタスブロイも少し独特な匂いをしています。

コスパ最強の所以とは?

海外の中でもドイツビールの味は一押しである点は述べましたが、ヴェリタスブロイを推したい理由はそれだけではありません。毎日飲むなら、気になるのがお財布に優しいかどうか。ヴェリタスブロイの販売価格は、1本あたり80円〜100円程度です。海外産のノンアルコールビールですが、国産のノンアルコールビールと同等、またはそれより安い金額で購入することができるのです。ネットでまとめて注文するのが一番お買い得ですが、たまに輸入食品を取り扱っているカルディでも1本単位から80円台のセール価格で販売されています。また、価格はもう少し上がりますが、カクヤスでもお店によっては取り扱いがあります。ドイツ産のノンアルコールビールは他にも「ビットブルガー ドライブ」などがありますが、ヴェリタスブロイは他の銘柄と比較しても価格は安いです。

ノンアルコールビールはお酒と同じ関税がかからない
アルコールが含まれていないため、ノンアルビールは清涼飲料水の分類として扱われます。そのため、高い関税が適用されず、日本でも安い値段で販売できるのです。

とらのまとめ(総合レビュー)

ヴェリタスブロイ
★★★★★
のどごし★★★★★
★★★★★
ヘルシー度★★★★
お値段(安さ)★★★★★

パパープルタイガーランキング堂々の1位のノンアルコールビールがこの「ヴェリタスブロイ」です。味、コスパなど総合的に判断しています。カロリーが1本(330ml)あたり約40Kcal含まれているため、もしかしたらゼロカロリーで無い点を気にする方もいるかもしれません。しかしながら、国産のゼロカロリーノンアルコールビールには例外なく「人工甘味料」が入っているので、健康面を考えると実はそちらの方が気になったりします。ヴェリタスブロイは添加物を一切使っていない、身体に優しいノンアルコールビールです。「ビールで太る」とよく言われているのは、ビール飲料自体のカロリーが問題なのではなく、アルコールを摂取したことによって食欲が進むことに問題があります。実際、とら自身が普段飲んでいるビールをこのヴェリタスブロイを中心としたノンアルコールビールに変えてビールっ腹がへこみましたよ。

以上、とらが最も愛するノンアルビール「ヴェリタスブロイ」についての愛を語りました。美味しいノンアルコールビールを探し求めていた方は、是非一度は試して欲しいノンアルコールビールです。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

とら太鼓判!おすすめノンアルビールランキング

ABOUTこの記事をかいた人

パパープルタイガー

娘を愛してやまないIT系週末開発パパ。家では自由気ままにやりたいことをやりすぎて、しょっちゅう怒られている。とらなのにひつじに弱い。育児をきっかけにノンアルコールビールにハマり、美味しいノンアルビールを求めて日々リサーチを続けている。