ダイエット効果あり!ノンアルビールの「難消化性デキストリン」って何?

難消化性デキストリン

最近、国産ノンアルコールビールでよく見かける「難消化性デキストリン」の表記。特保や機能性表示食品に書かれているので、何となく健康に良さそうな印象がある方も多いかもしれません。難消化性デキストリンは食物繊維の1つです。腸を整え糖・脂肪の吸収を抑える効果を持っていて、普段の食事と一緒に摂取するだけでダイエット効果が期待できます。普段運動はしないけど、これ以上体重は増やしたくないし、内臓脂肪だって標準値をキープしたい。そんな悩みをお持ちの方は、毎日のビールを難消化性デキストリン入りのノンアルコールビールに変えることで、少しずつダイエット習慣を始めてみてはいかがでしょうか。今回は、そんな難消化性デキストリンにフォーカスを当てて、徹底的に書いていきます。

難消化性デキストリンは食物繊維の1つ

ノンアルコールビールの缶に記載された表示を見ると、「トクホ(特定保健用食品)」や「機能性表示食品」の飲料に「難消化性デキストリン配合」と書かれている事があります。まずは、この難消化性デキストリンが一体どのようなものかを説明します。

トウモロコシから作られた食物繊維

そもそも「デキストリン」とは何でしょうか?デキストリンは難しく説明すると「数個のαグルコースというブドウ糖の一種が結合し合って分子量が大きくなった物質」の総称であり、簡単に言うとデンプンの一種です。そして、「難消化性デキストリン」はその名のとおり「消化しにくいデキストリン」というわけです。この多くは、トウモロコシから作られています。(中にはジャガイモ、小麦などが原料のものもあります。)

デンプンの中から消化しにくい成分を抽出

作り方は、まずトウモロコシのデンプンを加熱、変成させ、アミラーゼ(デンプンの消化酵素)で加水分解します。その中に含まれている消化しにくい水溶性の成分(食物繊維)を抽出することで「難消化性デキストリン」が出来上がります。

デキストリンと難消化性デキストリンの違いは?

トウモロコシをはじめとする炭水化物は、基本的にデンプンと食物繊維で構成されています。先程も少し触れましたが「デキストリン」はデンプンの一種です。このデキストリン」は構成成分のブドウ糖の数や作り方を変えることで、甘味の増減やトロミの粘度の強弱を作り変えることができるのです。そのため、甘みやとろみをつけるための製品によく含まれています。つまり、難消化性が付いていないデキストリンは言ってみれば「糖質」です。実際には「デンプンに近いデキストリン」「ブドウ糖に近いデキストリン」と中身は物によってまちまちなのですが、難消化性が付いていないデキストリンは糖質を含んでおり、あまり摂取し過ぎると危険ということは覚えておきましょう。

デキストリンは自然食品
但し、デキストリンの原材料はあくまでトウモロコシのため、添加物は含まれていません。その点は安心できます。

一方で、「難消化性デキストリン」はデキストリンから消化しにくい成分のみを抽出した水溶性の食物繊維です。そのため、デキストリンのようにたくさんの糖質は含まれていません。過剰に摂取しても人体に害は無く、むしろ様々な効能が認められています。食物繊維なので、消化酵素でも中々分解できないことも頷けますね。

難消化性デキストリンに期待できる効能

難消化性デキストリンは人の体に取り込まれた後に、どのような働きをするのでしょうか。具体的には以下のような効能があると言われています。

糖の吸収スピードを抑える

人間の身体は食事から摂取した炭水化物を体内で分解し、ブドウ糖に変化させます。その後、小腸へ運ばれたブドウ糖は吸収され、肝臓へと運ばれます。この時、難消化性デキストリンが働くと、ブドウ糖が小腸に吸収されるスピードを抑えてくれるのです。

腸を整える

難消化性デキストリンには、自身に「水分を保持する」性質があります。これにより、大腸に達した際に便に水分を含ませ柔らかくし、便自体の量を増やしてくれます。また、大腸を通過する時間を早めてくれる事も分かっています。更に大腸内の細菌の割合を整えてくれるため、整腸作用との関わりも示唆されています。

脂肪の吸収スピードを抑える

吸収のスピードを抑えるのは糖だけではありません。難消化性デキストリンは食事と一緒にに摂取する事で、食事に含まれる脂質の吸収スピードを遅らせ、食後の血中に含まれる中性脂肪の上昇を緩やかにするという働きも持ち合わせています。

内臓脂肪を減らす

欧米型肥満と言われるBMI23以上の成人男性36名において、難消化性デキストリン9gを含むお茶やお茶飲料を摂取する実験において、摂取した人は内臓脂肪及び中性脂肪が有意に低下したという結果が出ています。

ミネラルの吸収を促す

動物実験での結果ですが、難消化性デキストリンは人間に必要なミネラルのカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛の吸収を促進する事が確認されました。

難消化性デキストリンは摂取しすぎても大丈夫?

難消化性デキストリンに様々な効能がある事は分かりましたが、何事もほどほどに、摂り過ぎは身体に良くないとはよく言われる言葉です。難消化性デキストリンについてはどうなのでしょうか?

1日の摂取上限を定める必用が無いほど安全

過去に行われた人を対象にした実験では、3食/1日、16週間連続で食事前に10gの難消化性デキストリンを摂取し、血圧、血中ミネラル濃度、血清タンパク質の変化は生じなかったという結果が出ています。アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)は、難消化性デキストリンを「1日の摂取量の上限を明確に定める必要がないほど安全な食品素材である」と認めています。日本の厚生労働省でも、特定保健用食品として機能表示をして安全性を認めています。

難消化性デキストリンはどんな人におすすめ?

健康的な食生活を続けるためには、普段の食事に野菜・海藻類・キノコ類といった繊維質を多く含む食べ物をバランスよく摂取することが望ましいです。しかし、毎日続けるとなるとこれはなかなか難しいです。ついつい誘惑に負けて、唐揚げ・ハンバーグ・カツ丼などなど…たまには脂っこい物を食べたくなる時だってあるでしょう。そんな生活を続けた結果、健康診断で中性脂肪・皮下脂肪に気をつけるように医師から言われた方もいるかもしれません。普段、食物繊維が不足しがちな生活を送っている人や、食生活の改善からダイエットを始めてみようと思っている人に、難消化性デキストリンはオススメです。

難消化性デキストリンはどんな食事と相性がよい?

カツ丼・天丼・ピザ・ラーメン・パスタ…「美味しい物は、脂肪と糖でできている」なんてフレーズをどこかのCMで聞いたことがあるかもしれませんが、これらの食べ物には炭水化物(糖質)や脂肪(脂質)が多く含まれています。難消化性デキストリンは、脂肪の吸収を抑える効果があるので、このような脂っこい食事と一緒に摂取すると効果が高いです。難消化性デキストリンが含まれているノンアルコールビールを飲むだけで、食事のメニューは変えずにより健康的になれるのであれば、これほどお得な事は無いでしょう。

難消化性デキストリン入りのノンアルコールビール

美味しく食事を楽しむからビール!と言いたいところですが、せっかく健康の役に立ってダイエットもできると分かったので、美味しい難消化性デキストリン入りノンアルコールビールで一石二鳥、三鳥と、もっとおいしい話にしませんか。今回は日本で発売されている中から3種を取り上げ、とらの独断と偏見を交えて解説します。

キリンパーフェクトフリー

パーフェクトフリー
★★★★
のどごし★★★★
★★
ヘルシー度★★★★
お値段(安さ)★★★★

とらイチオシの難消化性デキストリン入ノンアルビールはこの「キリンパーフェクトフリー」です。難消化性デキストリンが1缶当たり5g含まれています。国産ノンアルビールの場合、特に後味に独特のクセを感じることが多いですが、キリンパーフェクトフリーにはクセがなく、スッキリとしたキレのある後味が爽やかな香りと共に喉元を抜けていきます。日本の法律上、ビールからアルコールを抜く手法ではなく材料の混ぜあわせで作らなければならないため、泡立ちはどうしても弱くなりますが、味については軽めのビールをしっかり再現できています。2015年7月には「保健機能食品に含まれるノンアルコールビールテイストNo.1」を獲得しています。

 

原材料

  • 難消化性デキストリン
  • 大豆たんぱく
  • ぶどう糖果糖液糖
  • ホップ
  • 米発酵エキス/炭酸
  • 香料
  • 酸味料
  • カラメル色素
  • 甘味料(アセスルファムK)

100mlあたりに含まれる栄養素など

  • カロリー:0Kcal
  • プリン体ゼロ
  • 脂質ゼロ
  • 糖質ゼロ

サッポロプラス

サッポロプラス
★★★
のどごし★★★★
ヘルシー度★★★★
お値段(安さ)★★★★

サッポロの主軸製品である「サッポロプラス」にも、難消化性デキストリンが1缶当たり4g含まれています。まず泡立ちについてですが、グラスに注いだ際にはサーっと泡立つのですが、すぐに半分ほどはサーっと消えていってしまいます。ビール好きから言えば、舌で泡立ちを楽しめないのは残念なポイントです。口に含んだ際は少しだけ酸味があり、ビールっぽさは少なく感じます。爽やかな味はキリンパーフェクトフリーと同列ですが、ビール感で言うとキリンパーフェクトフリーと比較して全体的にやや劣っている印象があります。

原材料

  • 難消化性デキストリン
  • 大豆ペプチド
  • ホップ
  • 香料
  • 酸味料
  • 苦味料
  • カラメル色素
  • 安定剤(大豆多糖類)
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 甘味料(アセスルファムK)

100mlあたりに含まれる栄養素など

  • カロリー:0Kcal
  • プリン体ゼロ
  • 脂質ゼロ
  • 糖質ゼロ

アサヒスタイルバランス(ビールテイスト)

アサヒスタイルバランス
★★
のどごし★★
★★
ヘルシー度★★★★
お値段(安さ)★★

アサヒから出ている「アサヒスタイルバランス(ビールテイスト)」にも、難消化性デキストリンが1缶当たり5.6g含まれています。ビールテイスト・レモンサワーテイスト・グレープフルーツサワーテイストの3種が展開されていて、今回はビールテイストを取り上げています。泡は細かく立ち、まずまずの見た目です。口に含むと微炭酸なのか、ほかの二つの炭酸の刺激に比べると、ちょっと物足りなく感じます。ビールのようなガツンとした刺激はなく、コクも少なく物足りなさを感じます。わずかですが、少し鉄っぽいような金属管のある味も残ります。「ビールテイスト」と書かれているものの、ビール好きにはかなり軽めな味というのが正直な感想です。一方で、女性の中にはこの味を好まれる方もいるかもしれません。

原材料

  • 難消化性デキストリン
  • 大豆ペプチド
  • ホップ
  • 炭酸
  • 香料
  • 安定剤(大豆多糖類)
  • 酸味料
  • カラメル色素
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 甘味料(アセスルファムK)

100mlあたりに含まれる栄養素など

  • カロリー:0Kcal
  • 脂質ゼロ
  • 糖質ゼロ

 

とらのまとめ

以上、難消化性デキストリンについての記事でした。最後に、難消化性デキストリンについておさらいです。

期待できる効果

  • 糖の吸収スピードを抑える
  • 腸を整える
  • 脂肪の吸収スピードを抑える
  • 内臓脂肪を減らす
  • ミネラルの吸収を促す

こんな人におすすめ

  • 食物繊維が不足しがちな生活を送っている人
  • 食生活の改善からダイエットを始めてみようと思っている人

こんな食事と相性が良い

  • 丼物やピザなど、糖質が多く脂っこい食事

とらイチオシの難消化性デキストリン入りノンアルコールビール

  • キリン パーフェクトフリー

ダイエット成功の秘訣は、習慣づくりから。食生活の改善をしなきゃなぁと思っていた方は、ぜひ、難消化性デキストリン入りのノンアルコールビールをお試し下さい。

とら太鼓判!おすすめノンアルビールランキング

ABOUTこの記事をかいた人

パパープルタイガー

娘を愛してやまないIT系週末開発パパ。家では自由気ままにやりたいことをやりすぎて、しょっちゅう怒られている。とらなのにひつじに弱い。育児をきっかけにノンアルコールビールにハマり、美味しいノンアルビールを求めて日々リサーチを続けている。